かにしゃぶが食べたい〜かに関連口コミ

かにしゃぶが食べたい

カニはなかなか食べる機会がありませんので、よくスーパーなどで売られていても指を咥えて素通りするしかないので、僕のストレス発散方法の一つとして、ネットでカニ料理を見て食べた気になる、という方法があります。

 

ネット中を見てみると、僕のように食べたい料理の画像を見てなんとか我慢をしている人は少なくないらしく、色々な料理で同じことをしている書き込みをたくさん見つけました。

 

さて、僕が今日見てきたかに料理はかにしゃぶです。

 

未だに一度も食べた事のないかにしゃぶなので、綺麗な画像を見ながらかにしゃぶの味を想像して満足していました。

 

なんでも、かにしゃぶというのは食べ方がちゃんとあるらしく、ただしゃぶしゃぶすれば良いわけではないらしいですね。

 

かにしゃぶの極意というのは、半生の状態で食べるということで、完全に火を通しきってしまったらいけないのだそうです。

 

かにしゃぶに向いているかに、というのもあるようで毛蟹などはどちらかと言うとかにしゃぶには不向きなカニで、松葉ガニや越前ガニのようなタラバガニが一番かにしゃぶに向いているのだそうです。

 

かにしゃぶ向きの足というのもあるようで、太さではなく足の長さが重要になってくるそうです。

 

というのは、しゃぶしゃぶしやすいのは長い足だから、という単純な理由なのですが、かにしゃぶですから重要なことだと思います。

 

特に自宅でかにしゃぶをするのであれば、殻が剥かれた状態で売られているカニを買うのがベストらしく、さらに出来れば冷凍ではなく生の状態で売られているカニをチョイスするのが良いそうです。

 

もしも冷凍されたものでかにしゃぶをするのなら、半分解凍された状態でしゃぶしゃぶをすると、良い感じで茹でられるのだとか。

 

かにしゃぶの醍醐味はもちろんかになのですが、ある程度かにしゃぶを楽しんだら次は野菜を入れて普通の鍋を食べて、最後にカニ雑炊にして出汁の一滴まで楽しむのが普通のようです。

 

かにしゃぶを食べた事がないくせに、知識ばかり増えていくのが嫌ですが、そうでもしなければこの衝動を抑えられません。

 

先日も先輩が地元のおじいさんにカニ料理を出してくれるお店に連れてってもらい、そこでかにしゃぶを食べたのだそうです。

 

その先輩はおじいさんが経営している馬小屋の手伝いをしたご褒美として、料理をごちそうになったそうです。

 

今度、ちゃんとお給料が入ったらかにしゃぶを食べに行きたいと思います。もしくは通販サイトでいいところを見つけたので(カニ通販ショップ厳選一覧)、そこで買ってみたいと思います。